輸入住宅」カテゴリーアーカイブ

マイホームで輸入住宅を選ぶメリット

輸入住宅は海外で生活をする雰囲気を味わえ、国産の素材を使うよりも費用が安くおしゃれな居住空間を作れます。マイホームはこだわりを持って決めたいもので、海外では独特な自然環境や文化があり興味深いものです。輸入する木などの資材は現地の気候などで特徴があり、北欧など冬が長い地域になるとぬくもりがあります。

住宅物件は坪単価が高い場所になると確保するために費用が高く、素材の価格を安くして住みやすい物件になるようにしたいものです。素材の価格は円高になると安くなる傾向があり、最新の動向を確かめて建ててもらうタイミングを決めると出費を減らせます。

マイホームで輸入住宅を選ぶメリットは資材を海外から輸入するため、円高の時期を選ぶと出費を減らせることです。住宅物件は主要駅近くや幹線道路沿いなど一等地を選ぶと土地の価格が高くなり、使用する素材の費用を安くしてあこがれのデザインにしてもらえるように依頼すると満足できます。

輸入住宅に住んで改めて思ったこと

愛知県で輸入住宅を選び、日本住宅と比較してよかったこと、それは何と言っても広々とした空間ではないでしょうか。私の知人は吹き抜けの2×4を10年ほど前に購入しましたが、とても明るく光が入るので家の中はいつも元気に満ち溢れた空間になってると言ってました。
私も輸入住宅のオープンな空間がとても気に入っており特にその間取りは広々という言葉が適してるように見渡すことができます。
このことから従来の日本住宅における間取りと比較しても、どうしてもオープンな作りの方が住んでて気持ちがよいと感じます。特にリビングに家族が集まるとそこは誰もが見える空間であり一人一人の表情をしっかり見ることもできます。
また、ソファーなどを置いてもマッチするのはやはり当然のことなのかもしれません。日本住宅にもよい部分は沢山あるとは思いますが、それでも海外の住宅はデザインなどもオシャレで家族との輪を本当に考えられた空間なんだと住んでみて改めて本当に感じました。